無題ドキュメント
 

〈シングル〉【リトアニアリネン 本麻敷きパッド】

リトアニリネン本麻敷パッド

寝苦しい理由

寝苦しい理由

蒸し暑い夏の夜、体が疲れていても寝付けない。
ぐっすり寝て疲れを取りたいのに、夜中に不快感でめがさめてしまう。
暑いので、クーラーをかけすぎて、逆に体調をくずしてしまう。

こんな経験誰にでもありますよね。

夏には背中の湿度が80%以上に達することがあり、発汗量も通常よりも多めになるので、
体が不快感を感じ、安眠が妨げられてしまうのです。



夏の快眠の秘訣は・・・それは?
ずばり背面の湿度上昇を抑えること。

背中を爽やかな状態に保つことで不必要な
寝返りがなくなり、朝までぐっすり眠ることが出来ます。







通気性抜群で、ストレスのない寝姿勢を保てることで、好評いただいている、
ブレスエアー敷布団に足りないものがあるとしたら・・・質感(冷感)と、若干の吸湿性。
これを補うことが出来れば、ブレスエアー敷布団は更にグレードアップができるのでは・・・





◆その1. 最適な温度と湿度をうまく調節できる。(寝床内気候は温度33℃湿度50%)
◆その2. ストレスのない寝姿勢を作る。(S字カーブの保持と適度な体圧分散)
◆その3. 触って気持ちがいいと感じる。(質感・温感・冷感など)



そこで、爽快潔リビングが、眠りの専門家とタッグを組んで、
ブレスエアー敷布団に最適な夏用の素材を考えた結果、たどり着いたのが 「リトアニアリネン」 でした。



麻の力でした

リトアニアリネン物語へ
如何にしてブレスエアー敷布団のベストパートナーが
「リトアニアリネン」に決定したか、
どんなストーリーがあったかは、
「リトアニアリネン物語」も
合わせてご覧ください。





最適な理由
汗を吸って発散する時に涼しい




◆実は扱いやすいリネン生地

リネン生地というと、ゴワゴワして固い、しわになって扱いにくいと言う認識をお持ちの方がおられます。
でも、実際のリネン生地は丈夫で、扱いやすい生地です。
さらに、いくつかの点にご留意頂くと、上手に長くご使用頂けます。

◆リネンと麻の違い

麻の中の一つの種類がリネン(亜麻)です。

一般的に、“麻”といわれる繊維には、なんと20種類近くあります。
その中で日常私達がよく使うのは、・リネン(亜麻あま)と・ラミー(苧麻ちょま)の2種類。
(ちなみに日本で「麻」という呼称が許可されているのは、家庭用品品質表示法ではラミーとリネンの
2種類だけなんですよ。)
リネン原料のフラックス(亜麻)は、北ヨーロッパの涼しい地方で栽培される1年草の植物、
ラミー原料のラミー(苧麻)は、高温多湿な東南アジアなどで栽培される多年草の植物、というように、
リネン(亜麻)とラミー(苧麻)は原料からしてまったく違っています。
麻といえば、チクチク、ゴワゴワ、というイメージがありますが、それはリネン以外の麻です。






拡大表 拡大裏 拡大角表

拡大角裏 拡大構造 拡大三つ折り
↑↑↑画像をクリックすると拡大が出来ます↑↑↑




※薄紫の花をつけるアマ科の植物フラックス(リネン草)の茎の繊維から糸を紡ぎ織った生地をリネンといい、ヨーロッパの北東部に位置するリトアニアで作られているリネンをリトアニアリネンといいます。
リトアニアは、古くからフラックスの栽培と品質の良いリネンを生産することで有名でした。
しかし、近年はフラックスを栽培する農家もなくなり、近隣諸国から原材料を輸入し、リネンやリネン製品を作っています。

日本×リトアニア×フランス当店では、フランス産のリネン草を使用して生地を生産しているシウラス社のリネンを、爽快潔Livingの地元滋賀県東近江市の職人さんに縫製して頂き、製作しております。


スペシャルサンクス


眠りのプロショップSawadaさま眠りのプロショップSawadaさま

http://www.natural-sleep.com/

快眠カウンセリングと快眠フィッテイングを提供

睡眠環境診断士
(日本睡眠環境学会・日本睡眠環境研究機構認定)

睡眠健康指導士初級
(社団法人日本睡眠教育機構認定)

睡眠健康指導士上級 (同上)



商品仕様

商品名: 【リトアニアリネン本麻敷きパッド】 シングル
カラー: きなり
サイズ: 105cm×210cm キルティング加工済
素材: 表生地:麻100% 裏生地:綿100% 中綿:麻100% 中綿量:0.66kg
原産地: リトアニア 縫製:日本
洗濯方法: 洗濯機不可。(手洗い)洗濯表示をよくお読みください。
注意事項: ※敷布団Four Seasons シリーズ敷布団 シングルサイズの敷きパッドです。
※※敷布団とセットでご購入される際は、ご注文前にサイズのご確認をお願いします。
(限定生産につき、セミダブル・ダブルはございません。)
ライン

スタッフ体験レポート

<スタッフ洗濯体験!>
リトアニアリネン本麻敷パッドは「手洗い」で洗濯をして下さい!と表示しております。
「じゃあ、どうやって洗ったらいいの?」
実際にスタッフが洗った方法と感想を包み隠さずリポートします。

1.まず、湯船に折り畳んで入れ、少量の洗剤(洗剤は、ア●●ール液体タイプ)を使用しました。
足で踏み洗いしました。(3〜4分くらい)夏だから良いのですが、その日は曇り空だったので少々冷たかったです。
手より足の方が、洗った感があります。

2.2回ほど水を入れ替えて(1回目は踏んですすぎ、2回目はそのまま水を流す)すすぎをしました。

3.洗った麻パッドを、湯船の縁にかけました。(水がどんどん出て行きました!)
かける作業は重かった!です。
腰が痛い方にはキツイ作業だと思います。(無理せず手伝ってもらいましょう)

4.15分くらい、かけておいた麻パッドは、水気が減って重さが約半分くらいになったように感じました。

5.それから、くるくるっとまるめて脱水機に入れました。(脱水時間は短めにしました)

6.干しました!

7.曇っていましたが、1日で乾きました!(AM10時からPM3時くらい)

<スタッフのお子様が体験してくれました!>


暑くて暑くて、もがいて寝ていたのが、スッキリ眠れた。
肌触りもひんやり冷たくて、心地の良い眠り具合。
麻パッドの後に、綿パッドで寝てみたが、寝心地感が全然違った。
特に、枕パッドのほっぺたにあたる使用感がとても良かった。




ライン

リトアニアリネン本麻枕パッド

AROMAVILLA

〈シングル〉【リトアニアリネン 本麻敷きパッド】

価格:

18,500円 (税込 19,980円)

[ポイント還元 199ポイント〜]
購入数:

在庫

あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る




 

このページのTOPへ