ネムリエシリーズご案内 トップ画像

ネムリエシリーズには、単体でお使いいただける“敷布団”と、今お持ちの寝具と併用してお使いいただく“補助用敷寝具”の2種類をご用意しております。

また、硬さのタイプは5つの中からお選びいただけます。タイプ別の目安表を載せております。参考にしてください。

敷布団

    スタンダード
    ラインナップ

  • ネムリエシリーズ敷布団 Royal ロイヤル
    ネムリエ
    Royal
  • ネムリエシリーズ敷布団 premier プレミア
    ネムリエ
    Premier

    ハイエンド
    ラインナップ

  • ネムリエシリーズ敷布団 Luxury ラグジュアリー
    ネムリエ
    Luxury
  • ネムリエシリーズ敷布団 Supreme スプリーム
    ネムリエ
    Supreme

補助用寝具

    オーバーレイ
    ラインナップ

  • ネムリエシリーズオーバーレイ Lite ライト
    ネムリエ
    Lite
  • ネムリエシリーズオーバーレイ dual デュアル
    ネムリエ
    Dual

    ベースマット

  • ネムリエシリーズベースマット Base ベース
    ネムリエ
    Base

5種類の硬さが選べます

極柔
極めてやせ型/寝たきりで床ずれが心配な方/当店柔らかめ経験者が基本

柔らかめ
やせ型/優しい寝心地重視/横向き寝が多い

普通
男女問わず一般な体格/腰痛持ちの方

硬め
体格の良い方/しっかりした寝心地重視

極硬
畳の硬さが最適という方/当店硬め経験者が基本
(※硬すぎる場合がありますので必ずネムリエ診断を受けてください)

ネムリエ敷布団構成表

ネムリエ敷布団

敷布団

ブレスエアー®製敷布団は、通気性や清潔性に優れています。さらに、最大の特長は、程よい体圧分散を確保しながら正しい寝姿勢を維持する弾力性。
ネムリエ敷布団は、その弾力性を生かしベッドマットレス同等の寝心地を確保する設計をしています。

     ネムリエ敷布団価格表

ネムリエ敷布団構成表(凡例)

  
ロイヤルとプレミアの違い

ブレスエアー®製敷寝具の寝心地と耐久性は、「密度」と「厚み」で決まります。

ブレスエアー®の密度が高まれば弾力性が向上しますが、高すぎると硬くなり過ぎるため、使う方の体格等に合った適度な密度を選ぶことが必要です。
適度な密度を選ぶことに加え、寝心地と耐久性の違いを作る決定要因が、深いバネ特性を生み出す厚みです。
ブレスエアー®の厚みが増せば、よりバネ特性の効いた深くて軽快な寝心地をお愉しみいただけます。

RoyalとPremierの違いは、基本的にブレスエアー®の厚さです。
どちらも、細身の方から体格の良い方まで、また年齢も幅広く対応出来るよう、密度と厚みを選定しています。
ですので、タイプの選択さえ正しくできれば、どちらの商品でも快適にお使いいただけます。

royal vs premier



ネムリエ補助用寝具

補助用寝具

「あなたの目覚めをアップグレード」

爽快潔リビングは、業界でもいち早く中芯のローテーションや交換対応を提案。
一つの寝具を長く快適に使用する、エコ循環型の取り組みに挑戦し続けています。

2020年春から、【コンサルタント&提案型】に販売方法を大きく変えたことで、お持ちの敷寝具をお使いのお客様に対しても、ネムリエシリーズとの併用提案が可能になりました。

ネムリエ補助寝具価格表

ネムリエ敷布団構成表(凡例)

エコ循環型寝具

ただし、以下の寝具をお使いの方は、補助用寝具と併用しても効果が見込めません。
ご満足いただけない結果になる可能性がありますので、ご提案を控えさせて頂いております。
予めご了承ください。

ネムリエ敷布団
  

ヘタリチェック

ヘタりは大丈夫?

お持ちの敷寝具をチェック

弾力性GIFアニメ

お持ちの寝具を、手のひらでゆっくりと押します。


ヘタリチェック

腰部と体の圧がかかっていない部分の弾力を、比べてください。
明らかな弾力の差を感じた場合、ヘタりがあるということになります。

・朝起きたとき腰の辺りが重くだるい
・眠りの質が下がったような気がする

このような場合も、ヘタりが原因という可能性が考えられます。

ヘタリチェック

 

ネムリエ 診断へ

体格&硬さタイプの目安へ

睡眠環境に合わせたご提案へ





敷布団

補助用寝具

お使いの寝具の状況やご予算に応じ、併用してお使い頂ける補助用寝具を3種類ご用意しました。

ネムリエ 診断へ

体格&硬さタイプの目安へ

睡眠環境に合わせたご提案へ

 

このページのTOPへ

ふるさと納税ページへ
ネムリエ診断へ