無題ドキュメント
 

よくあるご質問

よくあるご質問

敷布団についてよくある質問   

ショップ開店以来、当店の看板商品である敷布団に関し、非常に沢山のお問い合わせを皆様より頂いております。 その中で、特に多く頂いたご質問に対する回答をまとめました。

ブレスエアー全般に関するよくあるご質問も別ページに掲載しています。
詳しくはこのページの最後をご覧ください。

FOUR SEASONS(敷布団)について
FOUR SEASONS敷布団(マットレス)は、低反発ウレタンや高反発ウレタン、
硬綿素材で作られた他の敷布団(マットレス)と何が違うのですか?
一番大きな違いは、寝心地と耐久性、そして洗濯性です。深い眠りを持続させる「理想的な敷布団」には、1.空気が循環して湿らない 2.適度な硬さと弾力性 3.安定した品質、が求められます。 ブレスエアーを中芯に使用したFOUR SEASONS敷布団は、その3拍子が全て揃ったうえに洗うこともできます。質の高い睡眠をお求めの方には最適な敷布団です。
通気性 寝姿勢保持 耐久性 寝入りの心地良さ 清潔性/洗濯性 価格
ブレスエアー
低反発ウレタン
高反発ウレタン
硬綿
FOUR SEASONS敷布団(マットレス)は、
数多く市販されている他のブレスエアー敷布団と何が違うのですか?
他店のブレスエアー商品と比較して頂く際に一番ご確認頂きたいのが、使用しているブレスエアーの仕様です。一見全て同じに見えるブレスエアーですが、実は多種多様な種類があります。そして、ブレスエアー敷布団(マットレス)の寝心地は、素材の密度、厚み、繊維形状で大きく異なります。充分な密度や厚みの無いブレスエアーは、価格的には安くても、寝心地や耐久性で劣ります。
「ブレスエアー加工場直営店」として、そして「ブレスエアー商品専門店」として、当店ではブレスエアーの高機能を最大限引き出した商品作りに、トコトンこだわりました。床に直接敷いてお使い頂く敷布団用途としてはもちろん、ベッド用のマットレス用途としても、充分な耐久性、弾力性、そして快適性を兼ね備えております。
FOUR SEASONS EXと
旧製品FOUR SEASONS DX/NEOの違いは何ですか?
【EXとDXの違いについて】
基本仕様はほとんど同じですが、EXでは硬さを選べるよう、3タイプご用意いたしました。

DXをご使用頂いているお客様の声、そして整骨院の先生からのご意見を基に、背骨のS字カーブを保持する寝具を、EXでは更に追求しました。
DXの中芯構造をEXでは「やわらかめ」とし、腰〜臀部をしっかり支える「スタンダード」、そして硬めの寝心地をご希望の方用に、「硬め」の3種類ご用意いたしました。(DXを既にご使用の方で、DXの寝心地をお気に召されている方は、「やわらかめ」をご購入ください。
側地の仕様はDXと同一ですので、DXをご利用の方で中芯のみを入れ替えたい方は、EXの中芯をお買い求めください。

【EXとNEOの違いについて】
厚さ5cmの単層硬めタイプNEOに対し、EXは厚さ7cmの2層で硬さを選べるタイプとなります。

また、NEOの中芯は一枚タイプでしたが、EXは3分割にしておりますので、中芯の取り扱い性が向上しました。また、中芯をローテーション頂けますので、NEOに比べて耐久性が向上しました。
既にNEOをお使いの方で、NEOの硬さがお好みの方は、EX硬めタイプをお買い求めください。
FOUR SEASONS敷布団(マットレス)は、
何年間くらい使えるのですか?
ご使用環境によって耐久性は大きく異なる為、具体的な年数をお伝えするのは難しくなっております。ブレスエアーも使用環境に応じてヘタリは発生してきますが、低反発ウレタンや硬綿のようなクッション性を大きく損なうヘタリは起きにくくなっています。正しいブレスエアー銘柄をご選定頂き、定期的にメンテナンス作業を行って頂ければ、数年間ご使用頂いても寝心地は大きく変わりません。
FOUR SEASONS 敷布団はダブルクッション構造で、厚さが70mm(中芯重量約5kg)あります。更にFOUR SEASONS敷布団はパーツのローテーションが出来ますので、市場で販売されているブレスエア製敷布団(マットレス)の中におきましても、特に耐久性に優れます。
FOUR SEASONS敷布団(マットレス)のヘタリを抑えるには、
どうしたらよいのですか?
敷布団の場合、ヘタリは荷重が最も掛かる腰〜お尻の部分に集中します。他素材に比べて相対的に耐久性に優れるブレスエアーですが、FOUR SEASONS敷布団でも腰〜臀部を中心に初期ヘタリは発生してしまいます。予めご了承ください。
当店Four Seasons敷布団は、腰〜お尻の部分にヘタリが集中することを考慮し、2層3分割構造を採用しました。背骨のS字カーブ保持効果のみならず、ヘタリが集中する腰部上層の中芯を定期的にローテーションすることで、長期間快適にお使い頂けます。また、中芯の部材だけをご購入頂けますので、経済的です。
ブレスエアーを敷布団(マットレス)として使用する場合、
どのようなブレスエアー銘柄が必要ですか?
使用環境によって求められる仕様は異なりますが、ブレスエアー独自の寝心地感をお愉しみ頂くのに必要な敷布団用の仕様として、以下の指標をご参照ください。
  • + 繊維形状 ・・・ ハードタイプ推奨
  • + 厚み ・・・ 50mm以上80mm程度まで (中密度ハードタイプ前提)
  • + 密度 ・・・ 中密度以上 (厚み50mm以上のハードタイプ前提)
  • + 重量 (厚みと密度で決まります) ・・・ シングルサイズで3.5kg以上(側地の重量除く)
尚、敷布団(マットレス)では中芯材に掛かる荷重が大変大きくなります。従いまして、厚さは最低でも50舒幣紊離蓮璽疋織ぅ廚里瀚瑤魯愁侫箸肇蓮璽匹寮兪悒織ぅ廚必要となります。(一方、厚さを80伉度確保できれば、それ以上厚くても寝心地は大きくかわりません。) 敷布団用途の場合、ソフトタイプはベッドパッド用又は積層品の上層マットとしての使用が基本となります。
側カバーのファスナーが生地に絡んで動きません。
どうしたらよいですか?
ご購入後のトラブルで一番多いのが、ファスナーの問題です。中芯材の出し入れをしやすくするため、2m超のファスナーを使用しています。一方、ファスナーを走らせる距離が長くなるほど、裏生地に絡む可能性が高くなってしまいます。
ファスナーが絡んでしまった場合、中芯材が取り出せる位置でしたら、まずはファスナーの留め具に負荷がかからない形で中芯材をゆっくり取りだしてください。次に、ファスナーの留め具部分を裏返しにし、裏生地とファスナーの留め具が絡んでいる箇所を確認しながら、ゆっくり取り外してください。
中芯材が取り出せない場合、絡みの取り外しは更に難易度が増しますが、残念ながら特別な対処方法がございません。衣類でのファスナー絡みと同様、ゆっくりと根気よくファスナーを動かしながら、裏生地の絡みを外してください。
ファスナーが絡んでしまう一番の原因は、留め具のつまみだけを引っ張りながら、速い速度で閉めた際、留め具の裏面とファスナーのガイド生地が絡んでしまうケースが大半です。ファスナーを閉める際は、必ず留め具の裏面とファスナーのガイド生地が絡まないよう指を緩衝させ、慌てずゆっくりと閉めてください。具体的な閉め方につきましては、各商品の説明ページ内にあります、「取扱い方法について」のビデオをご覧ください。
底面がカビたり、
ダニが繁殖する心配はないのですか?
以下の理由により、ブレスエアーはカビたり、ダニが繁殖することは殆どございません。
  • 空気が循環するので、湿気が滞留しない
  • ウレタンや硬綿と違い、ダニの大好物である繊維クズが発生しない
  • 素材自体に制菌加工が施してあるので、菌が繁殖しにくい(医療機関や介護施設での取扱いに求められるSEK赤マーク認証を取得済)
しかも、ブレスエアーは水洗い可能です。敷布団丸ごと、常に清潔な状態を保てます。
フローリングに直敷きしても、
布団の裏面が湿ったり床が濡れたりしませんか?
ご使用環境によっては、ブレスエアー敷布団(マットレス)でも冬場には発生する可能性があります。窓に発生する結露と同様、体温で蓄熱された敷布団と冷たいフローリングとの温度差による結露が原因です。冬場でも、一晩でコップ一杯程度の寝汗をかきます。この汗から生じる湿気が布団を通り、床で冷やされ結露となります。
ブレスエアーは構造上湿気が溜りにくいですので、硬綿布団で発生するような結露やカビは発生しません。但し、上述した発生原因となる寝床環境は、ブレスエアーをご使用頂いた際も同様ですので、対策は必要です。以下、具体的な対策案です。
  • ・スノコの使用
  • ・除湿シートの使用(ブレスエアーの下にお敷きください)
  • ・ベッドパッド等の使用(フローリングとブレスエアーの間にお敷き下さい。フローリングからの冷気を遮断する断熱効果及び結露対策の2重の効果があります。但し、状況によってはこのパッドが湿ったり、場合によってはカビが発生する可能性がございます。洗濯性に優れ、また万が一カビが生えても支障のない、安価なパッドをお薦めします。)
高通気な敷布団(マットレス)だと、
冬は寒くないのですか?
96%の空気層で出来たブレスエアー。その抜群の通気性から、冬場は一見寒そうに思われがちです。実は、この「空気層」を上手に活用すれば、爽快潔敷布団は冬場でも快適にご使用頂けます。冬場にご使用頂くに当たっての注意点は、ブログ内で詳細説明をしております。詳しくはこちらをご覧ください。
冬期に電気毛布や布団乾燥機、湯たんぽ等を使用しても大丈夫ですか?
また、床暖房やカーペットの上で使ってもよいですか?
ブレスエアー素材は、素材温度が40度以上になった状態で素材に加重がかかりますと、素材のヘタリを促進する可能性があります。

【電気毛布】
電気毛布を使用した際の寝床内温度は30-35度程度だと思いますので、基本的には問題ありません。ブレスエアーの空気層に蓄熱しますので、低い温度設定でも気持ち良くお休み頂けます。電気毛布をご使用いただく場合、電気毛布からの熱の影響を最小限とするため、電気毛布とブレスエアー敷布団の間に必ずシーツやベッドパッドをご使用ください。(電気毛布の熱が直接ブレスエアーにあたりますと、ブレスエアーのヘタリを促進する可能性があります。)

【布団乾燥機】
布団乾燥機もご使用頂けますが、ブレスエアー素材の温度が高温にならないよう、必ずカバー及びシーツを掛けた状態でお使いください。また、布団乾燥機ご使用中は、掛布団や枕以外の重量物をブレスエアー敷布団の上に絶対に置かないでください。(布団乾燥機ご使用時の寝床内温度は、通常40−50度です。その状態でブレスエアーに加重がかかりますと、ブレスエアーのヘタリを促進する可能性があります。)

【床暖房/ホットカーペット/電気あんか】
床暖房やホットカーペット、電気あんかも電気毛布同様、温度管理にご注意頂き高温にさえならなければ、快適にお使い頂けます。

【湯たんぽ】
一方、熱湯を入れる方式の湯たんぽは、湯たんぽ自体に重量(局部的な加圧となる)があり、また温度も場合によっては高温となりますので、ヘタリの原因となります。ご使用はお控えください。
FOUR SEASONS敷布団(マットレス)は、
腰痛にも効果がありますか?
腰痛には様々な症状や要因がありますので、痛みの軽減や効果は保証できません。但し、寝具の硬さに敏感な腰痛の方にも喜んでお使い頂ける事を考慮し、商品の仕様を決めております。
FOUR SEASONS EX-2は、「背骨のS字曲線保持」を商品コンセプトに、「硬すぎず、柔らかすぎない、健康で快適な敷布団(マットレス)を追求した商品です。
リバーシブルタイプの敷布団で、2種類の硬さをお愉しみ頂けます。
敷布団(マットレス)サイズは
シングルサイズ以外もあるのですか?
サイズは、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズの3種ご用意させて頂いております。それ以外のサイズにつきましては、現在のところ導入予定はございません。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、予めご了承ください。
現在使用している低反発マットレスの上に、
ブレスエアーの敷パッドを敷くのは効果があるのでしょうか?
「敷パッド」よりも「敷布団」をご利用下さい。
本来、ベッドマットレスの上にブレスエアーを敷く場合は、「敷パッド」をご提案させて頂いております。
しかし、低反発マットレスをお使いの場合は、厚さ約4僂離屮譽好┘◆次嵒潺僖奪鼻廚鯢澆い督困い討癲通気性は確保できますが、ブレスエアーの弾発性を十分体感して頂くことは出来ません。
厚さが4僂靴ないので、低反発マットレスの効果に負けてしまいます。
したがいまして、「敷パッド」よりも、厚さ7僂痢嵒濾枌帖廚鬚環鶲討気擦督困ます。
また、敷布団は、厚さが7僂瓦兇い泙垢里如現在お使いの低反発マットレスの上に敷いてご利用頂いても、沈み込みはなく弾発性は体感して頂けます。
断冷防水シートが敷布団のカバーに入れにくいのですが、
何か良い方法はありますか?
家庭用ゴミ袋をご利用下さい。
断冷防水シートを敷布団のカバーにそのまま入れようとすると、ブレスエアー素材と摩擦をしてしまい、なかなか入りません。
この時の摩擦を減らすため、家庭にあるゴミ袋を利用して下さい。

敷布団にブレスエアーが入った状態で下記の 銑の工程を行って下さい。

.乾濛泙肪芭篷豹絅掘璽箸鯑れる。
敷布団のカバーに,悩遒辰燭發里鯑れる。この時、ゴミ袋の口側から入れて下さい。
ゴミ袋のみを引き出す。

ゴミ袋以外にも、ナイロン製の袋でも結構です。
断冷防水シートを使っていますが、まだ寒いです。
他に寒さを防ぐ方法はありますか?
敷布団に冬用の敷きパッドやカバーを付けてご使用下さい。
ブレスエアーは「通気性がよい」という性質を持っております。
そのため、夏としてのイメージが強い素材にはなりますが、冬でも快適にご使用頂くことは可能です。
断冷防水シートで下面からの冷気は遮断されています。
次の方法としましては、周りからの冷気を遮断するために、冬用カバー等をご利用下さい。
フリースやマイクロファイバー、ボア素材等の冬用カバーを敷布団に被せてご使用頂ければ、ブレスエアーの空気層が保温性を高めますので、より快適にご使用頂けます。
当店お客様の多くは、敷布団に敷きパッドやカバーを付けてご使用頂いております。
一緒に組み合わせることにより、冬でも快適に過ごせるというお声を頂戴しております。
毎回押し入れに入れるのが面倒です。
  3つ折りで壁に立てかけて保管した場合、敷布団にゆがみが出ますか?
ゆがみの心配はありません。ご安心下さい。
カバーの仕様が収納しやすい3つ折りタイプとなっているため、敷布団を立てかけて収納することが可能になりました。
立てかけて収納することでブレスエアー素材が劣化することはございませんので、ご安心下さいませ。
敷布団には側カバーが標準で付いているようですが、シーツは使った方がよいですか?また、その場合はどのようなシーツを購入したらよいですか?
ぜひシーツを掛けてお使いください。
一般的に、シングルサイズは幅105僉115僉長さ210僉215僉▲札潺瀬屮襯汽ぅ困蓮幅125僉長さ210僉215僉▲瀬屮襯汽ぅ困蓮幅145僉長さ210僉215僂如 「和式用敷きカバー」「敷布団カバー」と表記されているシーツタイプがおすすめです。


【シーツの必要性】
標準装備の側カバーだけでお使い頂くことも可能ですが、快適性、洗濯性、そして耐久性から、ぜひシーツを掛けてお使いください。中芯のブレスエアーそして立体メッシュ繊維の側カバーともに通気性は高いですが、放湿吸湿性に劣ります。シーツ素材には、吸湿性の高い綿や麻等の天然素材がおススメです。側カバー、中芯とも洗濯できますが、カバーの脱着含め、それなりに工数が掛かります。汚れ等の対策はシーツを頻繁に洗うことで対応し、側カバーや中芯は必要な際にのみ洗濯することで、お手軽に常時清潔を保てます。

【シーツの推奨タイプ】
当店敷布団サイズは、一般的な敷布団(マットレス)のサイズに準じています。したがいまして、市販されているシーツをご選択される際は、「和式用敷きカバー」「敷布団カバー」と表記されているシーツタイプがお手入れ簡単でおすすめです。(敷布団をスッポリ被せるタイプです。)

【シーツの推奨サイズ】
市販シーツの標準的サイズは、シングルが幅105僉115僉長さ210僉215僉▲札潺瀬屮襯汽ぅ困蓮幅125僉長さ210僉215僉▲瀬屮襯汽ぅ困蓮幅145僉長さ210僉215僂箸覆辰討い泙后サイズによっては若干ダブつき気味になることもありますが、基本的に全く問題なく使用できます。

FOUR SEASONS敷布団(マットレス)ページへ

「よくあるご質問(FAQ)コーナー」では、ブレスエアー全般に対するFAQページもございます。

ブレスエアー全般についてのご質問一覧

  • ブレスエアー商品とは何ですか?
  • ブレスエアーの定義/意味は何ですか?
  • ブレスエアーの特長はなんですか?
  • ブレスエアーは一種類だけですか?
  • ブレスエアーを使用する前に、考慮すべき点はありますか?
  • ブレスエアーはどうやって洗えばよいですか?
  • ブレスエアーのヘタリを復元する方法はありますか?
  • ブレスエアーを誤って噛んだらどうなりますか?
  • ブレスエアーは燃えたら有毒ガスが発生しますか?
  • ブレスエアーの制菌加工には薬品を使用していますか?
  • ブレスエアーの制菌加工は、時間とともに大きく劣化していくのですか?
  • ブレスエアーはアレルギー症の方に良いと聞きました。どうしてですか?
  • 不要になったブレスエアーは、どうやって処分したらよいですか?

このページのTOPへ